企画展アーカイブ/ ARCHIVE

  • M.G.RAIN AUTUMN SESSION 2022
    M.G.RAIN 秋のセッション 2022

    2022年10月1日 ~ 2022年10月30日
    1 OCTOBER 2022 - 30 OCTOBER 2022

    作家在廊予定;
    坂田峰夫 10月30日(日) / Jeffery Graves 10月16日(日)
    池田緑 10月23日(日)

    You will find artists ;
    Mineo Sakata 30 Oct. (Sun) / Jeffery Graves 16 Oct. (Sun)
    Midori Ikeda 23 Oct. (Sun)

    ----------
    新型コロナウイルスの感染状況により、開廊日時変更の可能性があります。
    ご来廊前に、再度確認くださいますようお願いいたします。
    It is possible that our show schedule will be changed
    by reason of COVID-19.
    Please check our latest information before your visit. Thank you.
    ----------


    7人の作家による作品展
    Show with seven artists

    Jeffery GRAVES フォトポリマー グラヴュール / photopolymer gravure 池田 緑 / Midori IKEDA コロタイプ / collotype 日下部一司 / Kazushi KUSAKABE ガムプリント & ゼラチンシルバー / gum print & gelatin silver 坂田峰夫 / Mineo SAKATA オリジナル フォトグラム / original photogram 鈴鹿芳康 / Yasu SUZUKA コロタイプ / collotype 安田雅和 / Masakazu YASUDA カーボンプリント / carbon print 森本洋充 / Hiromitsu MORIMOTO プラチナプリント / platinum-palladium

    M.G.RAIN AUTUMN SESSION 2022 DM のコピー

  • 久保元幸 × 杉野信也 展 / Motoyuki Kubo x Shin Sugino show
    「 ダブルプラチナ 」
    「 DOUBLE PLATINUM 」

    2022年7月2日 ~ 2022年7月31日
    2 JULY 2022 - 31 JULY 2022

    新型コロナウイルス感染拡大のため、会期半ばではありますが、7月24日(日)から
    久保元幸 x 杉野信也 展 を中断し、休廊させていただきます。
    We are sorry, but the gallery will be closed from Sunday 24 July
    by reason of the present epidemic of COVID-19.
    Thank you for your kind understanding and cooperation.



    久保元幸(プリンティング ディレクター)× 杉野信也(写真家)
    二人のコラボレーションで制作された唯一の未発表作品展
    Motoyuki Kubo (printing director) x Shin Sugino (photographer)
    The first public exhibition of the unique works in collaboration


    企画展「DOUBLE PLATINUM - VENEZIA」 Monochrome Gallery RAIN では、基本的に、現存の作家が撮影し、自らが古典技法 を用いて仕上げた作品を扱っている。 今回は、特別な二人展である。 杉野信也が撮影し、久保元幸がダブルプラチナという特殊な技法で仕上げた作品を展示する。 共に第一線で活躍する二人のコラボレーションから生まれた「DOUBLE PLATINUM - VENEZIA」は、必見である。 プリンティングディレクター 久保元幸 の名前を全幅の信頼と敬意を表して前面に出すことを強く望んだのは、杉野である。 Monochrome Gallery RAINも、黒子として扱われがちなプリンターの存在を明らかにすべきだと常々考えていた。 三者の思いがひとつとなって実現した特別な写真展「DOUBLE PLATINUM - VENEZIA」を楽しんでいただきたく思います。

    Monochrome Gallery RAIN 雨宮一夫

     

    二人展「DOUBLE PLATINUM - VENEZIA」 光がなければ、陰は存在しない。 陰がなければ、光は輝けない。 久保元幸さんとの出会いは、幸運でした。 今回の作品は、プリンターとしての高い技術と豊富な経験、英知を有する 久保元幸さんの存在なくしては、叶わなかったと思います。 この展覧会を二人展の形にしましたのは、二人で作り上げた作品だからです。

    杉野信也

      杉野さんとの神秘的邂逅 1975年、当時私が購読していたタイムライフ写真年鑑の新人賞を受賞した写真家 Shin Suginoの1枚の写真に目が釘付けになった。 こちらを見つめる一頭の犬の写真 何か物悲しいようでいて強い意志を感じさせる視線。 その眼力は犬であって犬ではない。その印象は以後長く強く私の心に残るものと なった。 時は流れて今から20年前の2002年、私が写真家と共に湿板写真を始めた頃に、ネット上の写真フォーラムに見覚えのある名前の写真家から投稿があり、それが杉野信也さんだとわかるまで時間はかからなかった。 それを機に杉野さんと親交を重ねさせていただく中で、ご自身の生い立ちや若くして カナダに渡った経緯、その後の活動などをお聞きして自分なりに杉野さんの人となりのイメージをかたち作ることができた。そしてあの犬の視線の先にあった当時の杉野さんの心境も理解することができたと思う。 プリンターあるいはプリンティングディレクターの仕事は技術的な事もさることながら、いかにして依頼者の思いに沿って望むイメージを具現化できるか。そこがとても 大事なところである。 そういう意味でこの間の杉野さんとのやりとりは、望むイメージを具現化するために 必要な熟成の期間だったような気がする。 2017年杉野さんから今回展示しているベネチアのプリントの依頼があり、初めて共に 作品作りをご一緒させていただくことになった。当時私はアマナサルトというプラチナプリントに特化したプリント工房のプリンティングディレクターをしていた。 アマナサルトのプラチナプリントの制作手法は、ネガを使用せずにレザー光源で プラチナ印画紙に直接露光をするという世界で最初で唯一の画期的な方法だった。 私は常々制作するには今までにないものを目指したいという願望が強くあり、杉野さんの制作にもアマサルトの手法を使用しつつそこに何か新しいものを付け加えようと考えた。 杉野さんのプリントの特徴はなんといってもその黒の深みにある。 そこで考えついたのは、まず吸着性のあるアルミナを支持体の紙に塗布し、その後プラチナナ感光液を2度塗布する方法だった。我々がアルミナWコートと呼んでいる手法である。 結果、今までのプラチナプリントでは表すことのできなかった深みのある漆黒の黒の 表現が可能となり、杉野さんにご満足いただけるものとなった。 いま振り返ると杉野さんとの出会いから今日に至るまでの道程は必然だったように感じる。 そしてプリンティングディレクターとして制作に関わらせていただき、この上ない貴重な体験をさせていただいた。 今回、このような展示の機会を作って下さった杉野さんとモノクロームギャラリーレインの雨宮さんに心より感謝いたします。

    久保元幸

    久保元幸 x 杉野信也 展 DM

  • 泉 大悟 展 / Daigo Izumi solo show
    「 ゼラチンシルバー 」
    「 GELATIN SILVER 」

    2022年5月14日 ~ 2022年6月12日
    14 MAY 2022 - 12 JUNE 2022


    新型コロナウイルスの感染状況により、開廊日時変更の可能性があります。
    ご来廊前に、再度確認くださいますようお願いいたします。
    It is possible that our show schedule will be changed
    by reason of COVID-19 conditions.
    Please check our latest informations before your visit. Thank you.


    新作展
    New Work Show

    私は静けさを求める

    例えば、誰もいない部屋

    夜明け前の街角

    独りきりの時間

    私は写真を使い、静けさを集める

                                         泉 大悟

    スキャン

  • 藤田 修 展 / Osamu Fujita solo show
    「 window : フォトポリマー グラヴュール 」
    「 window : photopolymer gravure 」

    2022年3月26日 ~ 2022年4月24日
    26 MARCH 2022 - 24 APRIL 2022



    新型コロナウイルスの感染状況により、開廊日時変更の可能性があります。
    ご来廊前に、再度確認くださいますようお願いいたします。
    It is possible that our show schedule will be changed
    by reason of COVID-19 conditions.
    Please check our latest informations before your visit. Thank you.

    新作展 New Work Show

    たとえば黒い影が物質化される瞬間がある イメージがモノとして立ち上がってくる瞬間だ エッチングプレス機を通って 版から紙をめくる時 期待を超えて目の前に立ち上がる イメージの物質化こそ 僕が写真を版画にする大きな理由だ

                                                      藤田 修

    2022.02 藤田展スキャン

  • 雨宮一夫 展 / Kazuo Amemiya solo show
    「 カトレーン:プラチナ/パラディウム 」
    「 QUATRAIN : Platinum/Palladium 」

    2021年11月6日 ~ 2021年12月12日
    6 NOVEMBER 2021 - 12 DECEMBER 2021


    新型コロナウイルスの感染状況により、開廊日時変更の可能性があります。
    ご来廊前に、再度、ご確認くださいますようお願いいたします。
    It is possible that our show schedule will be changed under the difficult conditions by reason of COVID-19.
    Please check our latest information before your visit. Thank you.


    雨宮一夫 新作展
    New work show

    QUATRAIN / カトレーン 「4行詩の韻を踏む」ことについて考えていたら、 響きあう樹のイメージに辿り着いた。 エドガー・アラン・ポー 小説の風景を映像化しようとする自分がいる。 カトレーンが見えてきた。 「4行詩の韻を踏む」ことについて考えていたら、 凍てつく冬、たそがれゆく空間のイメージに辿り着いた。 樹が、かすかに響き合いながら、ゆっくりと闇に消えていく。 カトレーンに向き合った。                           雨宮一夫 * QUATRAIN [ カトレーン ] : 4行詩、4行の詩節のこと。

    スキャン

  • Vincenzo Coronati 展 / Vincenzo Coronati solo show
    「 サイアノタイプ 」
    「 CYANOTYPE 」

    2020年11月14日 ~ 2020年12月13日
    14 NOVEMBER 2020 - 13 DECEMBER 2020


    新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会期半ばではありますが、
    12月5日(土)から Vincenzo Coronati 展 を中断し、休廊させていただきます。

    We are sorry, but the gallery will be closed from Saturday 5 December
    to guard against the Corona Virus infectious disease.
    Thank you for your kind understanding and cooperation.


    ***
    1990年代、イタリアで制作されたヴィンテージ作品による日本初の個展
    太陽光のみでプリントするサイアノタイプ技法を発展させた独自のモノタイプ作品
    『 Sono antico e vengo dal futuro(未来から来た原始的なもの 』

    The first solo show in Japan with his vintage Monotype pieces made in Italy,
    in the 1990’s. Printed just only with sunlight, his works were made
    with his own method of the cyanotype.
    『 Sono antico e vengo dal future
    ( I am primordial and I come from the future ) 』


    Artist ‘s statement / 作家の言葉 Vincenzo Coronati   ( translation : Yoko Tamaki ) From1994 to 2020 a narrative using the cyanotype technique entitled “ Sono antico e vengo dal futuro ( I am primordial and I come from the future ) ”, an imaginary story that wants to propose a reflection on the role and importance of water and sunlight in the life of living beings, a dream that becomes entropic where the past comes from the future. The Cyanotype technique that I create with sunlight and development with running water helped me to represent “ gli uomini Blu ( the Blue men ) ” and their physical and cultural habitats. Monotype works that I will present in Tokyo in 2020. 1994年から2020年にかけて続いている “ Sono antico e vengo dal futuro ( 未来から来た原始的なもの ) ” という題名の、想像上の物語は、生き物の生活に欠かせない水と日光の重要性、そして、過去が未来から来るというエントロピーな夢を表しています。私が太陽の光と流れる水で作り上げるサイアノタイプのテクニックは、” gli uomini Blu (青い人) ”の、その物理的および文化的生息地を表すのに役立ちました。

    Monochrome Gallery RAIN Vincenzo Coronati 展

  • 泉大悟 展 / Daigo Izumi solo show
    「 ゼラチンシルバー プリント 」
    「 GELATIN SILVER PRINT 」

    2020年10月3日 ~ 2020年11月1日
    3 OCTOBER 2020 - 1 NOVEMBER 2020

    泉大悟 新作展

    「 静かに見つめていることができるものを作りたいと思っています」 35mmフィルムを使ったストレートなモノクロ写真で作品を制作しています。 まなざしの速度を緩めてくれるもの、 見ていると “ 何か ” の想いがやってきたり、立ち去ったり、 その先にまた “ 何か ” が見えてきたり …。 そのようなものを作っていきたいと思っています。 泉大悟

    スキャン

  • M.G.RAIN SPRING SESSION 2020
    M.G.RAIN スプリング セッション 2020

    2020年3月14日 ~ 2020年4月12日
    14 MARCH 2020 - 12 APRIL 2020

    新型コロナウイルス感染拡大予防のため、会期半ばではありますが、
    3月28日(土)からM.G.RAINスプリング・セッション展を中断し、
    休廊させていただきます。
    We are sorry, but the gallery will be closed from Saturday 28 March to guard against the Corona Virus infectious disease. Thank you for your kind understanding and cooperation.




    国内外の現代アーティストが写真の古典技法で制作した作品セッション展

    ヴィンチェンツォ・コロナーティ Vincenzo Coronati   サイアノタイプ - フォトグラム   cyanotype - photogram 池田 緑 Midori Ikeda   コロタイプ   collotype 金井杜道 Morio Kanai   ゼラチンシルバー   gelatin silver 松井寛泰 Hiroyasu Matsui   サイアノタイプ   cyanotype 森本洋充 Hiromitsu Morimoto   プラチナ/パラディウム & シルバーエマルジョン   platinum/palladium & silver emulsion 雨宮一夫 Kazuo Amemiya   プラチナ/パラディウム   platinum/palladium

    ホームページ用画像

  • 藤間謙二 展 / Kenji Toma solo show
    「 Jessica - 弧 Arc / ゼラチンシルバー プリント 」
    「 Jessica - Arc / gelatin silver print」

    2020年2月1日 ~ 2020年3月1日
    1 FEBRUARY 2020 - 1 MARCH 2020

    ニューヨークを拠点に活動する藤間謙二のライフワークを発表。
    ゼラチンシルバープリントで制作された“Jessica”シリーズ の新作展。

    Jessica 弧 – Arc

    骨、筋肉、皮膚からなる肉体の造形美に焦点を合わせ、まるで静物に向かうかの様なアプローチで一人のダンサーを撮り続けているプロジェクト『 Jessica 』。1997年に始まった私のライフワークともいうべき彼女とのこの共作は、今年で23年目を迎えました。 シリーズ最新作『 弧 - Arc 』では、Jessica の持つ立体的で有機的なカーブと、数段階のグレイトーンで構成された平面的で無機的なカーブを同比重で捉え、その対照の妙を表現しています。 弧を描き画面の外にまで無限に広がる放物線、その永遠に交わらない線の先を想いながら撮りました。

    藤間謙二

    藤間謙二展 2020 ホームページ用DM画像

  • 雨宮一夫 展 / Kazuo Amemiya solo show
    「 プラチナ / パラディウム 」
    「 PLATINUM / PALLADIUM 」

    2019年11月23日 ~ 2019年12月15日
    23 NOVEMBER 2019 - 15 DECEMBER 2019


    蜜蠟を使う独自の方法で表現した新作展

    何に眼を留めるかにより、人格は形成されていく … ある詩人の言葉だが、若い頃から撮影してきたネガを順繰りに眺めていて、確かにそうかもしれないと思った。 写真は、複数の断片である。断片のひとつひとつが、事象との関係性の中で、ふと記憶を蘇らせ、光や音や匂いまでも知覚させてくれる。見ることによってあらたに見えてくるもの、今だから知覚できるものもある。 今回は、蜜蝋を使い、奥行きと透明感を出したことで、ひと味違う作品になった。 古典技法の面白さはここにあると思う。表現の幅が広がる。 古くて新しい自由な表現の世界に眼を留めていると、どんな人格が形成されていくのだろう? 雨宮一夫

    スキャン

Page TOP